毎日のメイクに欠かせないベースメイク、気になる箇所をカバーするあまりに厚塗りになっていませんか?

「キレイ」と思ってもらえるベースメイクには「素肌感」が大切です。この記事では、素肌をキレイに見せるためのベースメイクのコツと方法をご紹介していきます。

素肌がキレイに見えるベースメイクのコツ

様々なファンデーションカラーとリキッドファンデーション

素肌がキレイに見えるベースメイクのコツは2つあります。メイクのポイントを詳しく説明していきます。

艶がある

キレイに見せるベースメイクには「自然な艶」が必要です。艶があることで、若々しくハリのある健康的なお肌に見えます。ベースメイクにも自然な艶を残すことで、素肌に潤いがあるように見えてキレイ仕上がるのです。

色が合っている

素肌のようにキレイなベースメイクに仕上げたい時は、ファンデーションの色選びに気をつけましょう。自分の肌色よりも白い、黒いなどの色では、素肌との差が出てキレイに仕上がりません。肌の色に溶け込むようなぴったりの色を使うことで、素肌のような仕上がりになるのです。

肌色に合うファンデーションの色の選び方をご紹介します。

ファンデーションの色選び

頬の中央から、フェイスラインにかけてファンデーションで一本線を引きます。線を引いたら、数回指で触り肌に馴染ませていきます。姿見などの少し離れた鏡を使って、色のチェックをしましょう。頬の部分になじみ、首にかけても色のつながりがあれば、自分の肌色にぴったりなファンデーションです。

素肌がキレイに見えるベースメイク方法

ファンデーションをつける女性

素肌がキレイに見えるベースメイクの方法をご紹介していきます。スキンケアから仕上げまでの、3つのステップで行いましょう。

ベースメイクのステップ1

まずは、スキンケアで肌を整えます。自分の肌質に合わせて化粧水、乳液またはクリームを使用してください。スキンケア製品を肌に浸透させたら、両手のひらでお顔を包み込んでハンドプレスします。保湿成分が手の体温でさらに浸透して、内側からの自然な艶を作ってくれます。

メイクアップ下地は、肌色が変わらない程度の量を少量つけて伸ばしましょう。

ベースメイクのステップ2

素肌がキレイに見えるベースづくりにおすすめのファンデーションは、リキッドタイプです。肌馴染みも良く艶も出るので、自然な素肌感のあるベースメイクに仕上げることができます。リキッドファンデーションをスポンジに少量とり、頬などの広い箇所からつけていきましょう。

カバーをしたい箇所はスポンジでポンポンと叩くようにすることで、密着してカバー力が上がります。お鼻やおでこなどのテカリやすい箇所は、スポンジを滑らすようにして少量で仕上げましょう。最後に、フェイスラインやおでこのキワにワンデーションが溜まっていないかを確認するようにしましょう。

ベースメイクのステップ3

カバーが必要な箇所には、コンシーラーを使用してください。コンシーラーを部分的に使用することで、顔全体が厚塗りになることを防げます。シミやクマなど、ファンデーションでカバーがしきれない箇所につけていきましょう。

ファンデーション、コンシーラーが仕上がったら、Tゾーンを中心に少量のパウダーをつければ完成です。

キレイに見えるベースメイクで素肌にも「自信」を

ベースメイクのゴールは、ファンデーションがキレイに見えることではありません。自分の生まれ持った素肌が美しく見えることこそが、肌を美しく見せて、女性の自信となっていくのです。自分の素肌をキレイに見せるためのベースメイク方法を、ぜひ活用してくださいね。

ヒアルロン酸化粧品 Previous post 気になる美容成分【ヒアルロン酸】の効果は?
Next post 大人の女性が知っておきたい【和食のマナー】とは?