美しくなるためのダイエットのハズだったのに。

気がついたらお肌がボロボロ、ツヤもなくなって、くすんだ老け顔に…。

とくに30代〜になると、間違った痩せ方でほうれい線や目のくぼみ、頬のコケといった老けに繋がることも少なくありません。

今回は、げっそり老けないためのダイエットのポイントをご紹介します!

プロテインを味方につけよう

プロテインを飲む女性

「プロテインはバッチリ運動をしている人の飲み物では?」と思われがちですが、運動をあまりしない方、運動の強度が少ない方にもとてもおすすめのサプリメントです。

アミノ酸の宝庫なので、筋肉・血液・内臓・骨・ホルモンの他に、お肌の弾力やハリに関わるコラーゲンやエラスチンなどの原料にもなります。

ダイエットでタンパク質を始めとした栄養素が不足すると、どうしてもお肌に運ばれる栄養素は優先順位が低くなり、気づかないうちに「げっそり顔」に…!

プロテインという低糖質・低脂質のタンパク質を摂取することで、カロリーを抑えながら美容と健康に必要なタンパク質を摂取できますよ。

お食事は間食や主食の量を減らすにとどめる

日本食

極端な食事制限はげっそり顔の要因に。

たとえばダイエット中に倦厭されがちな油ですが、あまりにも摂取量を減らすと、お肌の潤いどころか、血管にも悪く、便秘にも繋がります。

先にご紹介したタンパク質も、ダイエット中は不足しがちにな方が多いようです。

だからこそ、極端な食事制限はしないのが得策!

主食の量を半分にしたり、間食をヘルシーなものにしたりがおすすめです。

汁物・副菜などはそのままでOKなので、栄養バランスを極端に悪化させることなく、適度なカロリー制限ができます。

筋トレを取り入れてみる

有酸素運動は脂肪燃焼には最適ですが、筋肉作りには不向き…。

有酸素運動だけを行っていると、筋肉がなかなかつかず、減量ができても平らなヒョロヒョロっとした体形になりがちに。

メリハリのある女性らしい美しさから、かけ離れてしまいます。

年齢とともに筋肉量が落ちて行くので、筋トレを取り入れて筋肉量を増やしていくことで、脂肪燃焼効率を上げる基礎代謝向上に繋げていきましょう!

女性ホルモンを味方に付ける

女性ホルモンアップのアイテム

女性ホルモンのエストロゲンには、肌にハリを与えて、若々しさを保つ働きがあります。

ダイエットによる栄養不足や、生活習慣の乱れによる睡眠不足・ストレス・体の冷えなどは女性ホルモンを乱してしまう原因に。

こういったホルモンバランスを乱す原因を排除していくとともに、女性の体はとてもデリケートなので、生理周期に合わせたダイエットがおすすめです。

  • 不調になりがちな排卵期や月経期はダイエットを軽くする。
  • ダイエットの結果が出にくい黄体期は現状維持を目指す。
  • ダイエットに適した卵胞期になったら運動強度を上げて、ダイエットに励む。

まとめ

痩せる=綺麗とは限らないのがダイエットの難しいところです。

げっそりしないためのダイエットのポイントをご紹介してきました。

綺麗に痩せるあなたに最適な匙加減を抑えて、ぜひダイエット成功に繋げていただけたら嬉しいです。

Previous post コロナ渦でも楽しめるラグジュアリーな旅【関東編】
肌イメージ Next post 肌の構造ってどうなってるの?