初夏を感じる季節になりました。
6月に入るとよく目にするのが、芍薬やアジサイ、クレマチス、アガパンサスなどの美しい花々…。
一輪でも映える主役級の花や、雨に似合うブルー系の花が多いのが特徴です。

梅雨が始まり家にいる時間が増えるこの時期こそ、旬の花を自宅に飾ってみてはいかがでしょうか。
今回は6月を代表する花、『アジサイ』の自宅での楽しみ方についてご紹介します。

アジサイの色と種類

色とりどりのアジサイ

梅雨の時期に街中でよく見かけるアジサイ。
日本人には馴染みのあるお花の1つですよね。

ピンクや青、紫のアジサイが咲き誇る姿に、初夏を感じる方も多いのではないでしょうか?

アジサイは土壌によって咲く花の色が変わる面白い花。
土壌が酸性だと青に、アルカリ性だとピンクに、中性だと紫色になります。

秋色アジサイのブーケ

また、最近では品種改良が進み、さまざまな種類のアジサイが登場しています。

縁だけに花が咲くガクアジサイや、ドライフラワーに最適なアナベルなどもよく目にするようになりました。
葉っぱが柏の葉に似ているカシワバアジサイは、円錐状で形が面白くアレンジの幅が広がります。

また最近では秋色アジサイと呼ばれるアンティークカラーのアジサイも人気。
グリーンやくすみカラーの花を合わせるとオシャレな雰囲気を演出します。

自宅でのアジサイの楽しみ方

お庭に咲くアジサイをさりげなく生けたり、花屋さんに並ぶアジサイを自宅に飾るだけでも梅雨時期のどんよりした気分を吹き飛ばすことができます。

自宅でアジサイを楽しむアレンジ方法をご紹介します。

アジサイは一輪生けるだけでも美しい

テーブルコーディネート・バスケット風花器に入った一輪の白いアジサイ

初心者の方にオススメなアレンジは、一輪だけを生ける方法
アジサイは、大きく存在感のある花なので、一輪を生けるだけでも華やかな印象になります。

日本古来のアジサイやアナベルなどの丸みのあるアジサイは、花器の高さギリギリに合わせて茎をカットしそのまま生けると可愛らしい印象に…。低めの花器やグラスに生ければテーブルフラワーにも最適です。

また、花器によって、全体の印象をがらりと変えることができるのもアジサイの魅力。

備前焼などの和風の花器に生ければ和テイストに、ガラス製の花瓶の高さを出して生ければオシャレな雰囲気になります。アジサイのドライフラワーは、オシャレな缶やビンなどに飾るのもオススメです。

同じアジサイでも花器によってさまざまな雰囲気を楽しめるので、自宅にある花器を使って工夫して生けてみてくださいね。


吸水スポンジに挿してリースやアレンジメントに

アジサイを使ったリース風アレンジメント

大きなアジサイは、ガクの部分を適度な大きさにカットすれば、アレンジメントにも最適です。水を吸水させた吸水スポンジに、メインの花を挿したのち、グリーンとともに少しずつ隙間を埋める感覚で挿していきます。
吸水スポンジは100均などでも手に入るので必要な大きさにカットして使いましょう。

アジサイの丸いアレンジメント

アジサイをそのままを使用する場合は、アジサイ自体に丸みがあるので、丸みのあるアレンジメントも作りやすいかと思います。様々な色と種類のあるアジサイだからこそ、色々なアレンジメントを楽しめますよ。



アジサイのお手入れ方法

アジサイの水切り方法
茎を斜めに切ってワタをだす

アジサイを生ける際、枝が太い場合は、茎の先を十文字に切り込みを入れると水の吸い上げがよくなります。

もしくは、枝を斜めにカットして、中のワタをカッターナイフなどで取り出すと◎。より吸い上げがよくなり長く楽しめます。水は花瓶にたっぷりといれて、毎日少しずつ茎を切り戻してあげましょう。

また、アジサイの花びらの部分には(ガク)は、霧吹きで優しく水をかけるのもオススメ。花びらを長持ちさせるだけでなく、雨に濡れたような気品のあるアジサイを自宅で楽しむことができます。


梅雨時期はアジサイを自宅に飾って気分UP

通年、お花屋さんではアジサイを見かけるようになりましたが、やはりこの時期のアジサイは格別。
ぜひ、一輪だけでも自宅に飾ってみてはいかがでしょうか。

また、華やかなアジサイも、ドライフラワーにすればナチュラルでオシャレな雰囲気に。
色とりどりのアジサイを、ぜひさまざまな方法で長く楽しんでみてください。

Previous post 体のタイプから知る 「私のファッションスタイル」の見つけ方
Next post 絶対失敗しない 贈り物選びの極意とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です