暑い日が続くとお家で過ごしがちですが、夏の思い出作りの旅に出てみませんか?
北海道はスケールが壮大な大自然にあふれていて、爽快感が感じられる観光地も豊富にあります。

ダイナミックで幻想的な景観に癒されながら、夏を満喫してみませんか。

ゆったりできる広大な敷地が魅力の北海道なら、人混みを気にすることなく、大地のパワーをチャージできたり、自分たちのペースで観光地を巡れたりしますよ。

それでは今回は、北海道で楽しめるラグジュアリーな旅をエリア別にご紹介します。

札幌

宝石箱のようなまばゆい夜景

札幌の「藻岩山展望台」は、夜景スポットとして有名です。山頂まではロープウェイとケーブルカーに乗り継いで行きます。街並みの向こうには石狩湾を望む絶景が広がっています。そして標高約531mの山頂から見えるのは、まるで真っ暗な中に光り輝くまばゆいばかりの天然の宝石たち。昼と夜では雰囲気が全く違うので、見比べるのもおすすめです。

プラネタリウムやオシャレなレストランもあるので、幻想的な世界観に浸りながら、ラグジュアリーな時間をお過ごしください。

函館

自然が織りなす青の洞窟

函館には、北海道の秘境と呼ばれる「青の洞窟」があります。自然が織りなす神秘的な青の空間が魅力的なスポット。水面に差し込む光の角度や気温によっても見え方が変わりますが、その時しか見られない世界観を堪能できます。

洞窟クルーズや、シーカヤック、シュノーケリングなど、色んなマリンレジャーを味わいながら観光できるので、大人から子供まで幅広い世代の方が楽しめますよ。春から秋の期間限定スポットのため、この夏体感してみませんか。

富良野

心安らぐラベンダーガーデン

富良野といえば、ラベンダーガーデンが癒しスポットとして名高いです。落ち着いたカラーと、爽やかな香りがラグジュアリー感を高めてくれます。

「ファーム富田」では、夏には壮大なラベンダー畑をたっぷりと眺められます。他にも四季折々の花畑があり、年間通して楽しめる環境です。園内にはカフェやショップなどもあるので、のんびりとお茶をして過ごしたり、ラベンダーグッズを購入したりすることもできます。

この土地ならではのラベンダーソフトクリームは、夏の暑さを吹き飛ばしてくれるくらいの爽やかな口当たりです。

美瑛

フォトジェニックな青い池

美瑛の代表的なスポットである「青い池」は、フォトジェニックなスポットとして人気があります。季節や天候によって池の表情が変わるので、いつ来ても楽しめます。

エメラルドグリーン、ライトブルー、ミルキーブルーなど、どの色も神秘的なカラーで魅了されます。冬の時期は、雪の白さと水面が作り出した幻想的な雰囲気が絶妙。

ベストショットを見れるのは、良く晴れた日です。自然が奏でる音に耳を傾けながら、ファンタジックな世界をお楽しみください。

まとめ

北海道のラグジュアリーな旅は、雄大な大地を生かした観光スポットを巡るのがおすすめです。自然が織りなす景観を眺めると、夏の暑さも吹き飛ぶくらいの爽快感を味わえます。大自然を堪能して、パワーをチャージしつつ、心にもオアシスを与えてください。

Previous post リンスとコンディショナーの違いとは?
セラミド Next post 気になる美容成分「セラミド」2つの効果とおすすめの食材とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる

メールマガジン登録

毎月新しいラグジュアリー情報を更新しているラグナでは、メールで最新情報をお届けしています。ご登録はこちらから。

    skincare60
    skincare60