60代になると、50代のころよりも「肌の悩みが増えた」と感じませんでしょうか?

美肌をキープするには、60代ならではの肌悩みの特徴を知っておくことが大事です。

今回は60代の肌悩みの特徴とおすすめの美容法を3つご紹介しますので、ぜひ参考にして見た目の若々しさをキープしましょう。

60代の肌悩みの特徴は「シワ」と「たるみ」

60代になると、50代のころよりも肌に水分を保持する機能が衰えてしまうため、肌の乾燥に悩みやすくなります。

肌の乾燥に対して上手にケアができていないと、乾燥によるシワが目立つようになってしまうのです。

もう一つの肌悩みは「たるみ」。肌のたるみの原因はさまざまですが、一つは肌の弾力を保つコラーゲンの減少です。

年齢が進むとコラーゲンの生成量が減るため、肌が弾力を失ってたるんでしまいます。

肌がたるんでいる部分はシワになりやすいため、たるみもシワに悩む原因の一つなのです。

60代の女性におすすめの3つの美容法

ミストタイプの化粧水

60代になると特に悩みやすいシワとたるみに負けない肌を作るには、以下の3つの美容法がおすすめです。

1.肌を保湿して乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐには、毎日の保湿ケアが重要です。朝晩の2回化粧水や乳液でスキンケアを行うのはもちろんのこと、肌の乾燥を感じたときに、スプレータイプの保湿剤を使って潤いを補給しましょう。

乳液だけでは保湿力が足りないと感じるなら、クリームよりも油分の多いクリームタイプのケア用品を使ってみてください。油分が多いものでフタをすると、肌から水分が逃げにくく潤いをキープできます。

2.シワに効果的なアイテムでポイントケア

スキンケア用の中には、シミケアに特化したタイプもあります。そのようなアイテムを有効活用して、シワに対するポイントケアを行うとより効果的です。

眉間や目尻、ほうれい線はシワが気になりやすい部位ですから、シミケア用のアイテムを使って肌にハリを与えましょう。

3.サプリメントを活用して体の内側からたるみケア

たるみに対してはコラーゲン入りのスキンケア用品を使うことも方法の一つですが、さらに肌ハリをアップさせたいなら、サプリメントを有効活用すると良いでしょう。

コラーゲン入りのサプリメントを飲めば、体の内側からもたるみケアができます。

ただしサプリメントは薬と違って食品の部類に入るものです。飲んですぐには目に見えた効果が出にくいので、毎日コツコツ続け、まずは1ヶ月間飲んでみて効果を試してみましょう。

60代になったら体の外側と内側からのケアで美肌をキープ

50代まではスキンケアを念入りに行っていれば問題がなかった方も、60代になると「なんだかシワ・たるみが増えた気がする」と感じやすくなるでしょう。

そのようなときは、今回ご紹介した3つの美容法を試して、体の外側と内側からケアするのが効果的です。

毎日しっかりとケアを行い、60代よりも若々しく見える美肌を手に入れてくださいね。

Previous post パンツと靴の選び方でグッとオシャレに
閉じる

メールマガジン登録

毎月新しいラグジュアリー情報を更新しているラグナでは、メールで最新情報をお届けしています。ご登録はこちらから。

    skincare60
    skincare60