「ワントーンコーデ」と聞くと、ちょっとハードルが高いと思う方もいるかもしれません。

難しいと思われがちな「ワントーンコーデ」ですが、コツさえつかめば簡単にコーディネートできます。

「ワントーンコーデ」の最大の魅力は、なんといっても「オシャレ感UP」です。

シンプルになりがちで、マンネリしやすい夏ファッションに、

「ワントーンコーデ」を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

異素材を組み合わせよう

色のトーンを合わせて組み合わせる、「ワントーンコーデ」ですが、

アイテムの素材はそれぞれ違うものを選んだほうが、断然おしゃれなコーディネートに仕上がります。

たとえば、トップスをコットンのTシャツを持ってくるとしたら、

スカートはポリエステル素材のスカートしてみるといいかもしれません。

色のトーンが合っているからこそ、質感では遊びを取り入れるのがおすすめです。

ワントーンコーデのカラー選び

夏に映える“ホワイト”で女性らしく

一番明度の高い色である“ホワイト”は、女性の肌を明るく見せてくれます。

たとえば、白シャツ+ホワイトデニムの合わせなんかはとてもさわやかです。

全身ホワイトはちょっと明るすぎるかなと思う方もいるかもしれませんが、

夏になると街中でも明るいカラーが増えるので、派手すぎることはありません。

夏だからこその色合わせを楽しみましょう!

モードな雰囲気がカッコいい“ブラック”

全身「ブラック」のコーディネートは、モードでカッコいい雰囲気を演出してくれます。

ワントーンカラーのコーディネートが初めての方は、まずは「ブラック」がおすすめです。

「ブラック」にもさまざまなトーンがあるので、

夏であれば、漆黒のような「ブラック」ばかりで組み合わせるのではなく、

どこかにグレーに近い浅めのブラックを選ぶといいでしょう。

夏のブラックは、重たくなりすぎないカラー選びがおしゃれの秘訣です。

上品な抜け感がおしゃれな“ベージュ”

「ベージュ」の「ワントーンコーデ」は、女性っぽい雰囲気がありながらも、

知的で上品な印象を与えてくれます。夏であれば、リネンなどの麻の素材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

汗を吸ってくれるので、ストレスフリーな夏にぴったりの素材です。

味わい深い素材の質感があるので、サラッと着るだけでおしゃれになります。

「ベージュ」カラーのタンクトップにリネンのシャツを羽織ったり、

リネンのワンピースにワイドパンツを合わせたり、いろいろな組み合わせが楽しめます。

ベーシックカラーに飽きたら“ブルー”にTRY

ワントーンコーデ上級者の方は、新しいカラーを開拓してみるのもよいでしょう。

今回おすすめしたいのは、「ブルー」です。

「ブルー」は、「ネイビー」のような濃いカラーから、

「パステルブルー」のような淡いカラーまで、バリエーションが豊富です。

「ブルー」のストライプ柄のシャツは、一枚持っておくと重宝します。

ちょっとシンプルすぎるかなと思った時に、プラスするとグッと華やかになるので、使いやすいアイテムです。

ボトムはブルーデニムが万能ですが、ひと味変えたいときは、サテン素材のスカートなども素敵です。

シースルーをプラスしておしゃれ度UP

夏の「ワントーンコーデ」のアイテムとして、おすすめしたいのが、

「シースルー」素材のトップスです。

シースルー素材といえば、「透け感」が気になる方も多いですよね。

しかし、透け感はインナーのアイテムによってある程度調整できます。

大人の女性であれば、シースルーのトップスの下は、フレンチスリーブのものが合わせやすいでしょう。

タンクトップのように大胆に二の腕が透けないので、おすすめです。

大人の女性ならではの上品な肌みせファッションを楽しんでくださいね。

まとめ

「ワントーンコーデ」は、色や素材によっていろんなコーディネートができます。

お手持ちのアイテムのコーディネートがワンパターン化していたら、

「ワントーンコーデ」でバリエーションを増やしてみるのはいかがでしょうか。

「なりたい自分」をイメージしながらコーディネートを組むと、方向性が定まってきます。

この夏はぜひ、ワントーンコーデを楽しんでください!

Previous post シリコンシャンプーとは?理想の髪を叶える意外なメリット
エアロバイクをこぐ女性 Next post エンタメ系フィットネスの最高峰・バイクエクササイズでHAPPYにカラダを整えよう