「ヒアルロン酸」は、多くの化粧品などに含まれている代表的な美容成分です。名前は知っていても、具体的に何に効果があるのか知らない人も多いはず。今回は、お肌に対するヒアルロン酸の効果と、効果的な使い方をご紹介していきます。

ヒアルロン酸の効果は優れた保水力

ヒアルロン酸の化粧品

ヒアルロン酸は、 優れた保水作用がある美容成分です。お肌の細胞と細胞の間で水分を保持する効果があり、肌に潤いがある状態をキープしてくれます。その保水力の高さから、多くの化粧品に配合されているのです。ヒアルロン酸の特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

ヒアルロン酸が化粧品に多く使われる理由

ヒアルロン酸にはお肌の乾燥を防ぐ効果があり、多くの化粧品に配合されています。保水力が非常に高く、ヒアルロン酸約1グラムで6リットルもの水分を保持できると言われています。ヒアルロン酸を肌につけると、油分の膜感よりも軽い質感で、肌表面に保護膜を作ります。

肌なじみが良く、よく伸びるので、多くの人に好まれる感触の成分なのです。さらにヒアルロン酸の成分は、水に溶けやすく化粧品に配合がしやすいことも、多くの製品に使われている理由です。

次は、ヒアルロン酸配合化粧品の肌への効果をご紹介していきます。

ヒアルロン酸はお肌の水分蒸発を防ぐ

ヒアルロン酸配合の化粧品には、お肌の水分蒸発を防ぐ効果が期待できます。健やかなお肌の角層*には、通常15〜20%ほどの水分量があるとされています。ですがお肌は、肌の状態や外的環境が理由で水分が失われることがあります。

水分量が15%以下になると、乾燥でカサついたり、乾燥ジワが目立ったりする原因になるのです。ヒアルロン酸は肌の水分を抱え込む力があり、水分蒸発を防ぎます。ヒアルロン酸配合のスキンケアを使用することで、肌表面の水分が保持されて、潤いのある健康的な肌になっていくのです。

*角層・・・肌の表面にある皮膚の層

効果的にヒアルロン酸を使うには?

ヒアルロン酸の化粧品

ヒアルロン酸を効果的に使うには、自分のお肌状態に合わせて製品を選ぶことが大切です。お肌のコンディション別に、おすすめの製品をご紹介していきます。

乾燥肌

お肌が乾燥している人は、クリームタイプの製品を選ぶようにしましょう。乾燥肌の人は、肌に水分を入れて閉じ込めるケアが必要です。クリームタイプであれば、ヒアルロン酸成分だけでなく油分で保護膜を作るので、より高い保湿効果が期待できます。

朝晩のスキンケアで、乾燥が気になる箇所中心にクリームを塗るようにしましょう。

脂性肌

テカリやすい悩みを持つ脂性肌の人には、化粧水か美容液タイプがおすすめです。どちらも、油分などが入っていないサラッとしたタイプを選ぶようにしましょう。ヒアルロン酸が角層に浸透して、肌内側の水分を守る働きをします。

化粧水や美容液は浸透します。そのため、皮脂と混ざる心配もないので脂性肌の方でも安心して使うことができるでしょう。化粧水は洗顔後の清潔なお肌につけて、お顔全体に馴染ませてください。美容液であれば、化粧水を使用した後の柔らかいお肌に使うことでさらに浸透が良くなります。

ヒアルロン酸の効果で美肌を手に入れよう

このように、ヒアルロン酸はお肌の水分保持には欠かせない成分であることがわかりました。自分のお肌状態に合わせたヒアルロン酸製品を使って、いつまでも若々しい潤いのあるお肌を維持しましょう。

Previous post コロナ禍でも楽しめる旅行(グランピング編)
ベースメイク製品 Next post 素肌をキレイに見せるベースメイク「2つのコツ」と「メイク方法」