あなたは「栄養素」と聞くと何を思い浮かべますか?

近頃は、この食べ物のこんな栄養素が身体に良い!なんていう情報を目にする事が多いでしょう。情報が溢れている中で、結局どの栄養を摂ればいいのか?と悩む事があるかもしれません。

今日は栄養素の基本と、摂り方についてのお話をします。

和食プレート

5大栄養素について

5大栄養素というのはご存知でしょうか?

それは、「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」です。

これらは生きていく為に必要な栄養素で、どれが欠けても身体に不調が出ます。

また、これらの栄養素は単独で役割を果たすだけでなく、お互いに連携しながら、健康維持に役立っています。そのため、一つの食品で一つの栄養素を多く摂るのではなく、バランス良く食事をする事が一番大切です。そうする事で、より健康的にいきいきと生活する事が出来ます。

では栄養素のそれぞれの働きと、多く含まれる食品をご紹介していきます。

それぞれの栄養素の働き

(1)炭水化物

脳や筋肉が働くためのエネルギー源になります。

米・パン・麺類・芋類・砂糖 に多く含まれています。

(2)たんぱく質

筋肉や内臓、皮膚、血液などの身体を作る材料となります。

肉・魚・大豆・卵・乳製品 に多く含まれています。

(3)脂質

少量でも多くのエネルギーを得る事が出来るエネルギー源です。また、細胞膜の構成成分になります。

油脂・肉・魚・ナッツ に多く含まれています。

(4)ビタミン

身体の機能を正常に維持するために必要です。ビタミンがもつ抗酸化作用は身体を酸化から守ってくれます。

野菜・果物 に多く含まれています。

(5)ミネラル

身体の働きを円滑にする材料です。歯や骨の材料になったり、酵素を活性化してくれます。

野菜・果物・海藻・乳製品 に多く含まれています。

■ビタミン、ミネラルはエネルギー源にはなりませんが、糖質・脂質・たんぱく質の分解や合成を助ける働きをしてくれるため、健康維持にかかせない栄養素です。

食事のポイント

和食 朝食

5大栄養素を簡単に説明しましたが、次はこれらをバランス良く摂る食事のポイントをご紹介します。

それは、【まごわやさしいこ】の食事です。

これを意識して食事をする事です。

ま・・・豆類

ご・・・ごま、種実類

わ・・・わかめ、海藻類

や・・・野菜類

さ・・・魚類

し・・・しいたけ(きのこ類)

い・・・いも類

こ・・・酵素、発酵食品

この【まごわやさしいこ】

に含まれる食品を意識して食事作りをすると、栄養素がバランス良く摂れるのでとてもおすすめです!

また、これらの栄養素を効率良く、お手軽に摂る事が出来るレシピが

“具だくさんのお味噌汁”です。

味噌は豆類+発酵食品ですので、具材にわかめや余りものの野菜、きのこやじゃがいもも入れると、ほとんどの種類をこれ一つで摂る事が出来ます。

時間がなくて忙しい人でも実践できるのとてもおすすめですよ。

ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。

必要な栄養素をバランス良く摂る事で、毎日を元気に過ごしましょう!

Previous post 30代の肌悩みの特徴とおすすめの美容法は?
Next post シリコンシャンプーとは?理想の髪を叶える意外なメリット